加齢臭の原因と対策として必要な知識

中高年で概ね40代以降ともなると、いつの間にか加齢臭が発生することがあります。
一般的には男性に多い現象とされていますが、実は女性でも悩みを抱える方が存在しています。
加齢臭が発生する部分は顔や体の後ろ側、具体的には耳の後ろから首、そして後頭部からも発生することが多くあります。

独特な匂いなので、就寝して朝起きると枕に匂いが付着していたり、上着などの首の部分に悪臭が出てしまったりすることが多く、自身でも実感することができます。

加齢臭の原因としては現在も尚研究され続けていますが、皮脂から発せられる特有の物質が直接的なものとされています。
加齢と共にその物質の分泌量が増えることによって、加齢臭が発生するのです。

対策としては、まずは生活習慣を見直すことが挙げられます。
例えば食生活として、高い脂肪を持つ肉類などを大量に摂取することを控えることが必要です。

他にもたばこやアルコールなどもなるべく控え、規則正しい生活習慣を心掛けると良いとされています。
また、ストレスによっても強く影響するとされていますので、ストレス対策も必要です。

過剰な運動を行うことによっても、活性酸素が多く発生するためになるべく避けることも有効とされています。
夏の暑い日差しで首元などに強い日焼けをすると、これも匂いの発生源を増やしてしまうことになります。

匂いを抑えるために有効なものとしては、ビタミンなどを多く含んだ物を摂取することと、現在では各種サプリメントや、専用の石鹸なども販売されています。

もちろん、常に体を清潔に保つことも必要です。
周りに不快な思いをさせないよう、マナーの一つとして出来ることから心掛けてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ