加齢臭対策の一つ柿渋石鹸の効果

加齢臭とは中高年特有の体臭のことです。
防止する方法としては、肉食を極力避けるようにし、和食をメインにしたり、抗酸化作用のあるとされている食べ物や食事、そしてサプリメントを取るといった対策などがあります。

また、加齢臭を抑える石鹸もあり、毛穴に詰まった過酸化脂質や、皮膚表面に繁殖したバクテリアなど、臭いの元となる汚れを洗い流して臭いも防ぐ効果があります。

肌を清潔に保つよう努めることで、皮膚の状態を良くするのです。
そして、今注目を集めているのが柿渋成分が配合された石鹸で、たくさんの種類が販売されています。

もともと柿に含まれる渋み成分には、消臭効果と殺菌効果があり、これを利用して臭いを抑えるのです。
柿渋成分が配合された石鹸には、皮脂汚れを落とし、殺菌と消毒をして、肌を正常化に保つといった3つのステップがあります。

まず、臭いの元となる毛穴に詰まった皮脂汚れのケアから始まり、清浄成分ベントナイトが、臭いの原因となっているノネナールを発生させる皮脂を毛穴から洗い流します。

次にトリクロカルパン配合によって、菌の繁殖を防ぎ、毛穴や肌を清潔に洗浄しながら、気になる臭いを発生源から防ぎます。
最後に柿渋に含まれる保湿成分のカキタンニンによって潤いを保ち、臭いが発生しにくいみずみずしい肌にするのです。

また、柿渋石鹸はお肌にやさしく安全というのが特徴で、天然植物系なので子どもからお年寄りまで幅広く使用できる上に、心身をリラックスさせてストレスを緩和する効果も期待できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ