加齢臭と香水はそのままでは相性が悪い

男性は、40代以降から加齢臭が発生しやすくなるといわれています。
この臭いの原因は、加齢とともに脂肪酸の分泌が増え、更にホルモン分泌の低下から増加した体内の活性酸素の働きによって、脂肪酸が酸化してしまうことによります。
この酸化によって生み出されるノネナールという成分が、臭いの正体です。

加齢、老化による酸化はある程度は避けられないものですが、やはり本人のみならず周囲の人も気になってしまうような臭いとなると、体臭はその人にとっての悩みの種になるでしょう。

何とかしたいという思いから、消臭スプレー香水を大量に使う人もいますが、実はこの方法は逆効果で、体の臭いと香料の匂いが混じり合うことで、余計に不快な臭いを強めてしまいます。

体臭をカバーできたとしても、フレグランスの匂いがきつければ、それはそれで周囲の迷惑になってしまいます。
香料と上手く付き合いながら体臭を和らげていくには、加齢臭用の石鹸やシャンプー、消臭効果のある衣服などと組み合わせていく方法が効果的です。

また、肉類や脂肪、タバコやアルコールなどの摂取を控え、抗酸化力のある野菜を積極的に摂るようにするなど、生活習慣に気をつけることでも体臭は軽減されます。

外側から体を清潔に保ち、内側の臭いを抑えた上で、ほんの少しだけ香水を使うと良いでしょう。
ミントやシトラスなど、さわやかな香りのものを選ぶと、周囲の印象も良くなります。
加齢臭対策と香りの有効活用、どちらも出来ることから始めてみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ