資生堂の研究により加齢臭の原因が発見

2000年に資生堂の研究によって、40代以上の人には臭い物質であるノネナールがあることがわかりました。
若い人たちにはほとんど見つけられなかったことで、これが特有の臭いの原因となっていることがわかり、中高年独特の体臭を加齢臭と名づられけました。
体内にある脂肪酸が皮脂腺から分泌され、その脂肪酸が酸化することでノネナールとなります。

40歳を過ぎた頃から脂肪酸の分泌量が増え、また酸化の抑制力が低下していくため、加齢とともに臭いが発生するようになるのです。
よく加齢臭は男性のものだと思われがちですが、女性にも同じように現れます。

女性より男性のほうが臭いが強いのは、女性ホルモンには脂肪酸の酸化を抑制する効果があるからで、また男性のほうが皮脂の分泌量が多いためです。

臭いを抑えるには、常に体を清潔に保つことが大切です。
また、食事に気をつけることでも、臭いを抑制することができます。

動物性脂肪は臭いの成分であるノネナールが発生する原因となる脂肪酸の分泌を増加させるので、野菜や魚などを中心とした食事を心がけるだけでも、臭いを抑制することが可能です。

また、抗酸化作用のあるビタミンCを含む食品を摂取することも効果が期待されます。
活性酸素の増加も過酸化脂質を増やすことに繋がるため、たばこやお酒、ストレスなども臭いを強くする原因です。

現在では、臭いを抑える石鹸やサプリメントなどの対策商品も多く発売されています。
加齢臭は誰にでも現れるものですが、様々な対策と努力で抑えることができるものなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ