加齢臭に効果を示すミョウバンとりんご酢

40代ごろになると食生活の乱れや喫煙などの生活習慣の乱れにより、ノネナールといわれる物質が分泌されるようになり、加齢臭という症状があらわれます。
多くの場合は自分の臭いに敏感になりすぎているだけであってそれほど深刻な症状ではありませんが、症状が深刻なものになると周りの人も不快に思うぐらいの臭いを発してしまうことになるので、早期に解決をはかる必要があります。

一番良い方法は生活習慣を整えることですが、そのほかの対策としては、ミョウバンとりんご酢の活用があります。

ノネナールが原因で起こる加齢臭のほかに、肌に繁殖した雑菌によりさまざまな臭いが出て不快に感じてしまうので、制汗効果や肌の引き締め効果のあるミョウバンを使用することにより、肌を殺菌して臭いを予防することができます。

ミョウバンはもともとは食品添加物なので、体に悪影響を与えるものではありません。
ミョウバンを直接塗るのではなく、ミョウバン水といわれる手作りの制汗水のようなものを作成し、ボトルなどに入れて持ち歩き臭いが気になるような脇などの部分に吹き付けると効果を示します。

一方のりんご酢は、一般的な酢にいわれている作用である血液サラサラの作用や血糖値を下げる作用もあり、さらに消臭作用もあるので臭い対策として用いられます。

りんご酢はスーパーなどで売られているので、簡単に手に入れることができます。
食事の後にジュース感覚で飲むなど習慣づけていくと臭いの予防につながります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ