加齢臭の対策は、発生する前の40歳前後からしなければなりません

加齢臭とは、中高年が発する独特な臭いのことをいいます。
この加齢臭の原因となるのがノネナールというものです。
ノネナールとは、体が老化することにより血管の中に溜まるコレステロールなどの老化物質のことで、皮脂腺にはパルミトオレイ酸という老化物質が蓄積することで、これが酸化し分解することで様々な皮脂酸ができます。

若い人の皮脂の中にはほとんど存在しないものですが、加齢に伴い多くなってくるため、40代から加齢臭が気になる人が多くなります。
この臭いの発生源が、皮脂腺の中に蓄積される過酸化脂質なので、ノネナールを消しても過酸化脂質を消さなければ意味がなく、臭いを消すこともできないのです。

この臭いが発生する前に、40歳前後から対策をとることが必要になります。
この過酸化脂質を活発化させている原因は、高タンパク、高脂肪の食事です。

食生活を見直して、肉類、マヨネーズなどの脂質を控える事が大切です。
そして、活性酸素を減らすビタミンC、ビタミンEを野菜や果物から充分にとるようにするとよいでしょう。

また、体臭や口臭を減少させる働きがある梅干しを食べることもお勧めです。
そして、コーヒーは控えてお茶を飲むようにするとよいでしょう。

もう一つの対策としては、身だしなみに気をつけて、出来るだけ体を清潔に保つようにします。
例を挙げると、毎日入浴する、汗をかいたら清潔なタオルでこまめに拭き取ることなどです。
難しいと思われがちな加齢臭対策ですが、このように簡単にできる対策方法があるので、出来るところから試してみることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ