加齢臭に有効なボディソープについて

加齢臭とは中高年特有の臭いを指し、男性だけのものだと思われがちですが、実は若い女性でも起こりうる臭いで、40代以降の男女のおよそ80%が発していると言われています。
人の体は、皮膚の潤いを保ったり細菌の侵入を防いだり、外界の刺激から皮膚を守る為に皮脂腺から油分である皮脂を分泌します。

この皮脂と汗腺から分泌される汗が混ざって皮脂膜を形成し、保湿機能やバリア機能として働きますが、年齢を重ねると皮脂の中に若者にはほとんどない9-ヘキサデセン酸と呼ばれる脂肪酸が増加します。

また、年齢と共に活性酸素の働きを制御する力が弱まる為、皮脂の酸化が進みやすくなります。
これらの要因が、加齢臭の原因であるノネナールという脂肪酸を作り出すのです。

しかし、若い人でも偏食や不摂生を続けていると9-キサデセン酸が増えますし、ストレスが溜まると活性酸素が増え年齢に関係なく異臭がする様になります。

では、この様な体臭にはどういった対策が必要でしょうか。
臭いの成分は水溶性なので洗浄する事が最も効果的ですが、普通の石鹸では臭いの素となるノネナールはほとんど取り除けません。

加齢臭の除去は専用の石鹸、またはボディソープでないと効果は発揮されないのです。
お勧めのボディソープは渋柿成分が入った品で、渋柿に含まれるタンニンは強力な抗酸化力を持ち体内の活性酸素を除去する働きがあります。

他にも、消臭効果や汚れを取り去る効果が高い竹炭が配合された石鹸や、殺菌作用と消臭作用に優れたミョウバンを含んだ製品もお勧めです。
この様な効果の高いボディソープを使用して、体臭ケアに努めましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ