加齢臭対策シャンプーについて

40代に入り、急に体や衣類から古本やロウソクの様な臭い、油や青臭い匂いが漂い始めたら、それは加齢臭の可能性があります。
加齢によって皮脂中に脂肪酸や過酸化脂質が増加すると、それらが反応して酸化・分解し、臭いの元となるノネナールという物質を発生させるメカニズムになっていて、40歳を過ぎた頃から男女関係なく増えてきます。

主に、頭や胸元・脇・耳の後ろ・首回り・背中から発しますが、枕カバーや帽子に付着する以外にも、夕方以降になると油の臭いが漂ったりするなど、皮脂腺の多い頭皮に悩む人が多い傾向があるので、専用のシャンプーで対策を取りましょう。

もともと「加齢臭」とは、化粧品メーカーの資生堂が作り出した言葉でした。
名付け親でもある資生堂では、長い年月をかけて臭いの原因を突き止め、その対策への研究が今でも現在進行形で行われています。

そこで誕生したのが「ジョイフルガーデン」で、ノネナールや汚れ、不要な皮脂をすっきりと除去し、臭いを取り込む空洞がある香料だけを頭皮に残して発生したノネナールを包み込み、いつまでも良い香りだけを漂わせるという商品です。

また、男性であれば洗浄力の強い「柿のさち」、女性は髪に優しくサラサラになる「デオラボスカルプシャンプー」など、仕上がりで選ぶもの良いでしょう。

しっかりと泡立ててから頭皮に乗せ、洗いながら毛穴の汚れを押し出すようなイメージで指の腹で万遍なくマッサージし、すすぎはシャワーで十分に行うのが大切です。

専用のシャンプーを使用すれば隠し切れない頭皮からの加齢臭も怖くないので、気になりだしたら周囲に気付かれる前に使い始めましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ