頭の加齢臭対策はシャンプー選びと洗髪方法が大切

最初は耳の後ろや背中から臭いを発すると言われていた加齢臭ですが、最近は頭からの臭いが騒がれるようになり、対策用のシャンプーが沢山販売されるようになりました。
原因は、他の部位と同じく分泌された皮脂に含まれる脂肪酸の酸化ですが、頭皮は特に皮脂腺の量が多い上に髪の毛で覆われているため蒸れやすく、時に強烈な臭いを発することがあります。

エレベーターの中や満員電車の中でも気になってしまう加齢臭の対処法は、自分に合ったシャンプー選びと正しい洗髪方法がとても重要です。

シャンプーは洗浄力を持った物を選びますが、皮脂は肌と髪の毛を保護する大切な役割をしているので、刺激が強すぎると必要な皮脂まで取り去ってしまい、肌はそれを補うべく更に皮脂を過剰に分泌するという悪循環が起きてしまうため、環境を整えられる低刺激タイプを選びましょう。

シャンプーを選んだら、次は正しい洗髪です。
まず頭皮をブラッシングし、次にシャワーで十分に素洗いしてある程度の汚れを落とします。

手のひらで泡立てたシャンプーを乗せ、マッサージするように指の腹で万遍なく洗い、その後時間をかけて丁寧にすすぎますが、加齢臭では最後のすすぎが足りないケースが多く、残った汚れやシャンプー剤により臭いがますます強調されてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

リンスやトリートメントは油分が多く毛穴を詰まらせるため必ず毛先だけに付け、最後にタオルドライした髪を、雑菌が繁殖しないようしっかりとドライヤーで乾かします。

他に、偏った食生活やストレス、睡眠不足などが原因となっている場合は、生活も同時に改善することも大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ