加齢臭と年齢の関係について

加齢臭は、年齢を重ねると共に臭ってくる特有のもので、男性は主に50歳代以降、女性は主に閉経後に増加して、気になる人もいれば全く気にならない人もいます。
その臭いの原因はノネナールという物質で、加齢により体質が変化するということが、2001年に資生堂リサーチセンター研究員によって発表されました。

年齢を重ねると共に加齢臭が発生しやすくなるのは仕方ないのですが、その原因を知って、食生活と生活習慣を改善すれば臭いを減少させることができます。

まず、臭いの原因は、皮脂腺の中の脂肪酸と過酸化脂肪が結びついて出来るノネナールという物質が発生するからです。
そして、年齢を重ねると脂肪酸の分泌量が増加するので、体質を改善して減らせばノネナールの発生も抑制できます。

まず、体にとって必要な栄養素である脂肪を現代人は過剰摂取している為、その余った分が外に排出されるので脂肪の摂取を減らします。

また、抗酸化物質の摂取を増やすと言われるビタミンC・緑茶などのカテキン・ポリフェノール等は、酸化を抑制する効果があるので積極的に摂りましょう。

そして、生活の乱れも脂肪の分泌を増加させます。
暴飲暴食や寝不足はせずに、適度な運動を心掛けましょう。

臭いが出やすいところは耳の裏側や髪の毛の生え際で気をつけて洗いますが、過度に洗い過ぎると体が油分を補給しようと皮脂の分泌量が増えるので、かえって臭う原因となります。

必要な汚れや皮脂だけを落とし、保湿効果が高いと言われている柿渋石鹸を使ってみるのも対策の一つです。
体の中から改善していき、それと同時に臭いを取る対策も同時にすることで加齢臭は減らせます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ