加齢臭とはどんな臭いでしょうか

30代後半から40代にかけて急に気になりだす加齢臭は、食生活の乱れやストレスなどが原因で、もっと早い時期から始まる人もいます。
よく聞く「おやじ臭」のイメージがありますが、男性だけでなく女性にも同じように発生し、通常市販されているボディーソープでは臭いを抑えられないという手強さがあります。
では、加齢臭とはどんな臭いなのかと言うと、よく、ブルーチーズや古本、ロウソクなどの脂っぽい臭いに例えられ、そこに個々の体臭やタバコなどが入り混じって独特な加齢臭をかもし出すのです。

皮脂に含まれるノネナールという物質が脂肪酸と反応を起こすことがそのメカニズムで、皮脂腺の多い頭皮や耳の後ろ、小鼻の脇、脇の下、胸や背中から強く感じられます。

加齢により体が酸化に抵抗する力が弱まったり、動物性脂肪を多く取り過ぎたりすると加齢臭が発生しやすくなるので、食事の内容を見直して、原因となる脂肪酸と過酸化脂質の分泌を抑えて、酸化しにくい体作りをすることがとても大切になります。

そのためには、肉ではなく魚をメインに食べるようにし、ビタミンCを含むトマトやブロッコリー、ほうれん草やキャベツ、そしてビタミンEを多く含むカボチャやサツマイモ、ブルーベリーやキウイなどの野菜や果物を多めにとる他、嗜好品を野菜ジュースに変えるなど、小さな努力も惜しまないようにしましょう。

入浴の際は、加齢臭対策用の石鹸を用いて体を洗い、1日着たスーツは消臭スプレーを吹きかけておくようにすれば、かなり軽減されます。

自分自身の臭いは気付きにくいので、気になり始める前から対策を取っておくと安心です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ