加齢臭対策に注目されているサプリメント

加齢臭とは、中高年の男女から発生する特有の体臭のことを言います。
このニオイの原因物質は「ノネナール」であることが化粧品会社によって発見され、加齢臭と命名されました。
ノネナールは、皮脂腺から分泌される皮脂の中の脂肪酸が酸化・分解されて発生し、50歳代以降に顕在化することが知られています。

この他に、30歳代から40歳代の男性から発せられる脂臭の原因として、ジアセチルという成分が別の化粧品会社によって発見されています。

ジアセチルは、頭部の主要細菌が汗中の乳酸と結び付くことで産生され、この臭いの抑制にフラボノイドを含む植物エキスが効果的であるということが分かっています。

対するノネナールについては、その対策として様々なシャンプーやコロンなどが開発・販売されていますが、洗ってもコロンをつけてもその臭いを消すことは非常に困難で、臭いが混ざってしまい余計に不快な臭いになってしまうことも考えられます。

そこで注目されているのが臭いの原因を作らないという対策です。
ノネナールは脂肪酸の酸化によって発生するため、酸化を抑える効果のある成分を摂取することが重要になります。

酸化を抑える成分として、コエンザイムQ10やビタミンC・E、ポリフェノール、カテキン、アスタキサンチンなどが挙げられます。
これらは果物や野菜から摂取することも可能ですが、手軽なサプリメントが注目されています。

体臭を抑制する作用があるものや体臭を花の香りにするものなど様々な加齢臭対策サプリメントが開発されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ