加齢臭を防止する対策について

朝の通勤電車ではなはだしいニオイを放つ人の近くに乗り合わせてしまった経験を持つ人は少なくないでしょう。
日本人は特にニオイに敏感なため、嫌なニオイばかりでなく香水の香りやシャンプーの香りなどにも反応してしまいます。
最近は柔軟剤などで、いろいろな香りを組み合わせて自分好みの香りを楽しむ商品も発売されており、汗のニオイもしないなどの便利なアイテムもあります。

体臭予防にも効果的かと思われますが、かえってニオイが混ざって悪化してしまうパターンも存在します。
特に加齢臭は名前の通り中高年くらいから発せられる独特の体臭を指していますが、実際は年齢に関係なく発生することもあります。

主な原因としては、不規則な生活習慣や偏食、高血圧などが原因と言われており、肝機能やストレスが起因の免疫機能低下なども影響していると考えられています。

現代人はストレスを抱えている人も多く、不規則な生活習慣はニオイの原因にもなっています。
そこで加齢臭を防止するには、まずは生活習慣を見直しましょう。

適度な運動はダイエットにも効果がありますが、運動をすることで活性酸素を打ち消すことができます。
また、食生活では野菜を多く食事に取り入れ、肉料理よりは海藻や食物繊維を多く摂取することをお勧めします。

そして、アルコールの飲み過ぎや喫煙にも気を付けましょう。
加齢臭を強くしてしまう因果関係にあるのが、タバコや二日酔いと汗や脇の体臭、口臭です。

また、男女関係なく体臭は発生するので、耳の裏や襟足、首の後ろ、背中、肩などは清潔を保つよう、ゆっくりと丁寧に洗うようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ