みんなが気になる加齢臭、臭いを消す効果のある対策方法

加齢臭は、40歳を過ぎたころから代謝の低下の影響でノネナールという物質が増えることによって発生するとされています。
おやじ臭とも呼ばれ、周囲を不快にするだけではなく、消臭剤の使用やお手入れなど自分にも負担がかかるものです。
体や衣類を清潔に保つことは勿論ですが、臭いのきついものを好んで食べるような食生活や生活習慣も関係していますので注意しましょう。

タバコの愛煙者は吸わない人と比べると加齢臭がよりきついとか、加齢臭は耳の後ろや頭皮からの臭いがきついなどと言われていますので、臭いを消すための対策は色々あります。

特に耳の後ろは皮脂の分泌が盛んな部位であるのに洗い忘れることも多く、臭いがより強く感じられますので、入浴の時には丁寧に洗うようにしましょう。

加齢臭を消す対策として効果的なものには、柿渋や竹炭の成分を使っている石鹸です。
固形の石鹸が一般的に知られていますが、最近ではボディソープやシャンプー、全身に使える液体石鹸も販売されています。

柿渋成分は消臭作用と殺菌作用があるので気になる体の臭いを消す効果があり、加えて抗酸化作用もあると言われています。
消臭効果があることが広く知られている竹炭は、臭いの原因のノネラールとバクテリアや汚れを取り除いてくれる効果があります。

この他にも、ミョウバンの成分は以前よりバクテリアの除去に効果的と言われ、加齢臭だけでなく他の臭いを抑える対策の製品にも配合されています。
周囲も自分も臭いで不快にならずに過ごせるよう、まずは清潔を保つことを心がけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ