加齢臭を防ぐには日常生活で気をつけることがあります

加齢臭とは中高年特有のニオイのことを指していて、資生堂の研究員が発見したノネナールという物質が原因で発生する体臭のことです。
日本人はニオイに敏感なので、満員電車やバスの中、会社内などでも気になる人が多く存在します。
この加齢臭は40代を過ぎた男性に多く見られますが、女性も更年期のころから症状が出る人もいるので、男女問わず加齢臭を発する可能性があるのです。

男性は特に気にする人も多く、様々な対策グッズなども販売されていて、使用している人もたくさんいます。

体臭などのニオイを軽減してくれるサプリメントや消臭効果の高いシャツなども販売されていますが、加齢臭を防ぐにはまず、日常生活から気を付けることが大切なポイントになります。

入浴して清潔に保つことが第一ですが、ニオイは皮脂の分泌量が多い場所から発するので、顔のTゾーンや耳、首の後ろ、胸と背中のあたりを念入りに優しく、丁寧に洗うように心掛けましょう。

また、シャワーだけではなく湯船に浸かることも予防に繋がります。
生活習慣病に関係するメタボ対策も加齢臭対策に効果的で、食生活は栄養をバランスよく摂取すること、適度な運動を取り入れることも大切です。

特にビタミンCは、積極的に取り入れると抑制することが出来ます。
加えて、リンゴ酢にも消臭効果や血糖値を下げる作用などもあるのでお勧めのアイテムです。

そして、ストレスが影響していることもあるので、若い人でも発症する可能性もあります。
まずは日常生活の中で、出来ることから試してみるとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ