30代でも発生している加齢臭の予防とケアについて

加齢臭というと、中高年の男性から発せられる不快な臭いを思い浮かべる人が多いでしょう。
しかし、加齢臭の原因となる脂肪酸は若いころから発生しており、脂肪酸や過酸化脂質の発生量には個人差がある為、30代でも加齢臭がするという人も少なくありません。
実際に30代位から自分の体臭が変化してきたと感じる男性が増加していきます。

この30代や40代に発せられる独特な臭いをミドル脂臭とも呼び、最近では加齢臭と区別されています。
また、女性にも年齢を重ねるとともに発生する臭いがあり、加齢による臭いは年齢や性別関係なく発生していることが分かります。

それでは、なぜ中高年の男性からする独特な臭いというイメージが浸透しているのでしょうか。
それは、誰もが持っている体臭を若年層や女性は気に掛けており、消臭などの対策をしているからだと考えられます。

また、中高年の男性の場合はたばこやコーヒー、お酒、口臭、整髪料のにおいが相まって独特な臭いを醸し出している可能性も大いにあります。
体臭は自分自身で感じにくく他人からあまり指摘されない為、自分が周りに不快な思いをさせていることに気付いていないこともあります。

身近な家族であれば洗濯洗剤や消臭スプレー、消臭剤などの消臭グッズをさりげなく使って消臭してあげると良いでしょう。
また、本人には年齢を重ねるごとに体臭の変化があることを理解し、生活習慣や食生活の見直し、消臭対策を勧めましょう。

加齢臭は誰にでも発生する当たり前の現象なので、それに対する予防とケアをしっかりすることで、周りの人との円満な関係が築けます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ