耳の裏から気になる加齢臭を感じたら

中年以降に気になる臭い、それは加齢臭と呼ばれる枯草や古本のような臭いと形容されるものです。
この原因は年齢を重ねると増えるノネナールという物質で、ノネナールの発生原因は皮脂の中にあるヘキサデセン酸で、酸化・分解されることによりノネナールが生成されます。
いわゆる「おじさんの臭い」は、年を重ねると避けては通れないものなのです。

では、加齢臭が気になりやすい場所ごとに対策をしていきましょう。
まず皮脂や毛穴が多い頭皮の臭いの元は、分泌される皮脂の変質です。

これを解消するためには、シャンプーでただ洗って皮脂をひたすら落とせばいいというわけではありません。

皮脂を必要以上に洗い流すと、身体は皮脂が足りないと判断して余計に分泌してしまうことになりますから、皮脂を落とし過ぎない正しいシャンプーをすることが何よりも重要です。

次に気になりやすい場所は意外にも耳の後ろで、この臭いの元はアポクリン汗腺が原因となっています。
この汗腺からは脂肪や尿素、アンモニアなど様々な成分が出ており、他の汗より粘り気があるのが特徴です。

強いストレスや緊張、肉類中心の食生活や運動不足が原因とも言われているので、解消するにはストレス発散や食生活の改善が必要になります。
それに加えて、耳の後ろをしっかり洗うことも重要です。

耳だけでなく周辺から出た汗が流れていきやすい首回りも、丁寧に洗うように心掛けましょう。
様々な場所から発生する臭いは体からのサインとも言えるので、今の生活を見直すチャンスかも知れません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ