加齢臭の消臭法について

誰もが年を重ねるごとに加齢臭が気になるものではないでしょうか。
一般的に40歳前後から男女問わず発生すると言われており、若い時には新陳代謝が活発な事で新しい細胞が生まれ変わりやすくなっていますので発生しにくいとされています。
体臭は、足や脇、頭髪や口などに雑菌が繁殖する事によって発生する臭いを差し、加齢臭の場合は、人間の身体から皮脂が分泌されており、この皮脂が酸化した臭いだとされています。

根本的に発生の原因に違いがあり、体臭が清潔を心掛ければある程度発生を抑えられるのに対し、加齢臭は少し頑固な臭いと言えそうですが、イメージばかりが先行している臭いとも言われています。

最近では、この臭いを発生しにくくするグッズや消臭できるグッズなどが出ており注目されています。
そのようなグッズを活用する事も一つの方法ですが、あまりお金を掛けずに消臭する方法として挙げられるのが衣類に気をつかう事です。

身体の臭いを消す事ばかりに気が向いてしまい、身に着ける衣類は二の次になりがちですが、下着類はもちろん靴下やワイシャツ、スーツなどの臭い対策が消臭効果を高めるポイントとなります。

下着や靴下などは小まめに交換することは言うまでもありませんが、スーツ類などは湿気も臭いの原因の一つになります。
家に帰ったらハンガーにかけて乾燥させたり、自宅で洗濯が可能なものに変えるなど、お金を掛けずにできる対策もあります。

消臭グッズの利用も手軽にできる対策法ですが、まずは出来る事から始めましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:加齢臭

このページの先頭へ