大麦若葉の青汁は、豊富な栄養成分が含まれており、ケールを使ったものより飲みやすくなっています

健康を維持するために青汁を摂取しようと考えている人や家庭は多いですが、そこで気になるのがやはり味です。
不味いというイメージを抱いている人も多く、購入をためらっていることが多いようです。
実際に昔飲んでみて不味いと感じた人も少なくないと思いますが、しかし、それは原料にケールを使われていたことが原因です。

というのも、最近では原料をケールではなく大麦若葉を利用していることが多いのです。
これは名前からわかるように大麦の若葉が使われています。

大麦は苦味も少ないため、昔のようにケールを原料に使ったときよりも飲みやすくなっているのが大きな特徴です。
でも、肝心なのは含まれている栄養成分です。

元々健康のために飲むものなのに、飲みやすさばかり重視されて健康成分が含まれてなければ意味がありませんが、もちろん大麦青葉には豊富な栄養成分が含まれています。

その栄養成分はビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE・パントテン酸・葉酸・カロテンといったビタミン類に始まり、カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛といったミネラル、さらにはクロロフィルや酵素など数え切れないほどの栄養成分が含まれています。

どの成分も健康維持のためには欠かすことができず、健康維持にも適しています。
もしかしたら、味だけでなく健康面からみてもケールよりも大麦若葉のほうが良い可能性もあります。
このように、味も栄養成分も申し分のない青汁は、一人でも多くの人々に愛飲してほしい商品です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:青汁

このページの先頭へ