北海道のクマザザを100パーセント使用した健康飲料は北の大地の青汁

北の大地の青汁は北海道産クマザサを100パーセント使用した青汁です。
製造元は有限会社野草酵素で、所在地は東京都渋谷区となります。
野草酵素の事業内容は食品の通信販売であり、公益社団法人日本通信販売協会会員であり、主に健康食品を取り扱っています。

通常市販されている青汁の主成分は大麦若葉やケールなどですが、この青汁は北海道産のクマザサを100パーセント使用した、今までにない青汁です。

クマザサはイネ科ササ属の植物の一種で、山地に生育しています。
主要成分として葉緑素を含んでいるため、浄血作用や造血作用、脱臭効果などがあります。

主な効能は糖尿病予防、高血圧の予防、毒消し、胃炎、口臭、口内炎、またササ多糖類によりガンの抑制に効果が期待出来ます。
葉緑素はその他、新陳代謝の促進にも役立つため、美肌効果や便秘解消にも効果を発揮してくれます。

北の大地の青汁は北海道大雪山に生育している天然野草のクマザサを特殊製法で超微粉砕し、青汁として製品化することに成功した商品です。

今まで北海道のこのクマザサは、食物繊維、その他の栄養成分の多さにより、青汁としての製品化は不可能であるといわれていました。
主なクマザサ製品は、煮出して飲むお茶として、また粒状のサプリメント、口臭予防の効果があるためハミガキ粉などに練り込んだりして使用されています。

しかし、この青汁の飲みやすさについては、ゴクゴクと飲める感動の美味しさ、とメーカが掲げて販売をしています。
またごぼうの11倍、さつまいもの28倍もの食物繊維を含み、鉄分やカロテンが豊富であり、便秘の改善に役立つと謳っています。
この商品はインターネットホームページから購入可能ですので、健康のため、生活習慣病の予防に試してみるのも良いかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:青汁

このページの先頭へ