成分や味にこだわっているサントリーの青汁は本当にお勧めです

厚生労働省が推奨する、一日あたりの野菜の摂取量は350gです。
しかし、実際にそれだけの野菜を毎日摂取することは非常に困難で、若い世代ほど野菜不足になっています。
そこで、サントリーでは吸収しやすいという点を重視して青汁を作っています。

野菜には、体には良いもののそのままでは吸収されにくい、ケルセチンというポリフェノールの一種が含まれています。
そこでサントリーは、ケルセチンと糖分とを統合させたケルセチンプラスという吸収しやすい成分を開発しました。

この成分を配合することにより、ただ野菜だけで作ったものよりも、さらに優れた製品となったのです。
もちろん、この製品には野菜もたっぷり含まれています。

野菜は国産にこだわっており、熊本県阿蘇産の大葉若葉と屋久島や伊豆大島産の明日葉が含まれています。
どちらの野菜も、ビタミンやミネラル・食物繊維などがたっぷり含まれており、健康に欠かすことができない野菜です。

また、青汁は苦くて飲みづらいと思われがちですが、甘みを感じやすい食物繊維がたっぷり含まれており、抹茶と煎茶をブレンドされていることで、とても飲みやすくなっているのがこの製品の特長でもあります。

どんなに体に良い商品でも、飲みづらくては長く飲み続けることはできませんが、味にもこだわっている商品なら、ずっと愛用し続けることができるというわけです。
こうして、成分から配合されている野菜、味など全てにこだわって作られた製品ですから、本当にお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:青汁

このページの先頭へ