ケールの青汁も飲みやすくなっています

健康によいとされている健康食品などでお馴染みの青汁は、実は会社によって原材料が異なっています。
最近は飲みやすいものが好まれる傾向が強いので、苦味があったり飲みにくいものは少し敬遠されがちです。
ケールは野菜の王様と言われているものですが、味が大変に苦くて飲みにくいという一面があります。

しかし、非常に栄養価の高い植物で、体に必要な栄養素の大部分を補う事ができます。
そこで改良された、飲みやすいケールの青汁があります。

今までの苦くて飲みにくいというイメージとは全く異なるもので、子供でも飲むことができます。
そもそもケールとはアブラナ科の植物で、キャベツの原種と言われているものです。

ヨーロッパなどでは料理にも使用されているのですが、日本では独特の風味のためにそのまま食べられることはほとんどありません。

ビタミン類がとても多く含まれ、カリウムやナトリウムも含まれていますし、また、カルシウムが豊富でキャベツの5倍も含有しています。

それに対してカロリーはとても低く、安心して飲むことができます。
青汁は「不味い」というテレビコマーシャルで有名になりましたが、今はあの頃のように不味くはありません。

誰でも気軽に安価で飲むことができる健康食品ですので、いつまでも変わらずに飲み続けられています。

購入する場合は通販サイトを利用すると、キャンペーンなどで安くなっていたり、初めて購入する人に限りお試しパックなども用意されていたりとお得です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:青汁

このページの先頭へ