青汁の種類と栄養について

青汁とは、緑黄色野菜を絞った汁のことで、野菜を青菜などと表現する日本語の古語での名残りで呼ばれています。
多くの場合は、粉末の状態で商品化されている健康食品として飲用されています。
商品の一般化と共に品質改良や多種化が進んで、最近では大麦若葉、小松菜、ヨモギ等を使って味を改善したものが増えています。

また、草食や雑食といった爬虫類の常用食や、病気療養食として使う人もいます。
この青汁の代表的な原材料としてはケールがあり、ケールはアブラナ科に属する野菜で、キャベツやブロッコリーの原種にあたる植物です。

そして、一年中栽培できる生命力の強い緑黄色野菜でもあります。

ケールにはたんぱく質、脂質、糖質といった三大栄養素のほか、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれていますが、特にビタミン類が多く含まれており、ビタミンCは美容効果も期待でき、外部からの摂取が必要な栄養素の一つです。

また、カルシウムは100グラムあたり牛乳の約2倍含まれていて、体内での吸収が良いという特徴があります。

大麦若葉の青汁はケールに次ぐ人気があり、アクが少ないため飲みやすく、子供からお年寄りまで食生活に野菜が足りない人などに幅広く利用されています。

大麦若葉とは、イヌ科の植物の大麦が20センチから30センチぐらいまで成長した若葉を指し、他の緑黄色野菜と比べてもビタミンやミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれています。

特に食物繊維がブロッコリーやほうれん草と比べて多く、健康と美容のサポートに役立ちます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:青汁

このページの先頭へ