青汁選びはランキングを参考にしましょう

青汁を購入するきっかけで一番多いのは、日頃の食生活における野菜不足でしょう。
野菜を毎日たくさん食べるのは難しく、更に、一人暮らしの場合は外食やコンビニのお弁当が多くなったりするため、必然的に野菜の摂取量が減ってしまいます。
1日に必要な野菜の量は350gと言われていて、緑黄色野菜なら人参小1本・ピーマン5個・トマト1個・ブロッコリー1個などに加え、単色野菜では胡瓜1本・ナス中1個・レタス小1/2など膨大な量になり調理時間もかなり要するので、毎日は続かないのが現状です。

そのような場合、手軽に摂取できる青汁はとてもお勧めで、現在はほとんどのメーカーで有機栽培原料を使用しているだけでなく、必要な栄養素のバランスもとても良いです。

以前は独特な味で飲みにくい物が主流でしたが、今は毎日続けられるように改良されている為、子供でも抵抗なく飲用できます。

ランキングでは、サントリーが味に自信を持って発売した「極の青汁」や、えがおの「えがおの青汁」、お茶村の「神仙桑抹茶ゴールド」が上位に上がることが多く、定期コースにすれば若干割安になる制度や、効果を感じられなかったり口に合わなかったりした場合の全額返金保障制度を設けている会社もあります。

更に、ヨーグルトやホットケーキに混ぜればいつもと一味違ったメニューが誕生するので、ドリンクで飲むのに抵抗がある方はそういった取り入れ方もお勧めです。

ランキングでは、他にもユーグレーナ・ファームやステラ、ファンケル、マイケアなど数社が競合しているので、上位に上がる会社を参考にして、効果が高そうな物を選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:青汁

このページの先頭へ