健康に良い極の青汁について

健康食品の中でも、野菜に匹敵する栄養分を手軽に摂ることができる青汁は根強い人気を誇っています。
青汁は様々な会社から多数販売されていますが、「極の青汁」という商品を紹介します。
極の青汁は、サントリーの健康食品会社「サントリーウェルネス」の商品で、サントリー健康科学研究所を有し、1980年代から京都大学と共同研究を始めたことがきっかけで設立されました。

ゴマの成分「セサミン」を研究開発していることで知られており、このセサミンは代表的な商品になっています。
極の青汁は、サントリーが「質」を追求して開発した良質な青汁です。

その秘密は、ポリフェノールの代表的な成分である「ケルセチン」にあります。

このケルセチンとは、野菜に含まれるポリフェノールの一種で、野菜の効果をより高く得ることができるものですが、普通に食べるだけでは吸収されにくいという欠点がありました。

そこで、ケルセチンの成分を研究して「ケルセチンプラス」にすることで、より野菜の成分を摂取できるようにしました。

素材は国産の物にこだわり、熊本県阿蘇産の大麦若葉と鹿児島県屋久島産の明日葉を使用していて、安心と安全の為に品質チェックは厳しく、農薬不使用の原料や製品の検査など多岐にわたります。

もちろん味にも工夫を凝らしており、宇治産の煎茶と抹茶を使用して上品な風味に仕上げてあります。
水に溶けやすい粉末状で、牛乳やヨーグルト、スープなどに混ぜても美味しく頂けます。

価格は30包3,600円で定期コースもありますので、購入してはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:青汁

このページの先頭へ