青汁が健康に良い理由について

健康とは、身体と心が健やかで、悪いところがない様を言います。
医学では、病気や虚弱でないということだけで判断せず、肉体的にはもちろんのこと、精神的・社会的に調和の取れた良い状態にあることを指します。
晴れやかな気持ちで充実した社会生活を送るには、健全な肉体があってこそではないでしょうか。

健やかな体を保つには、充分な睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動が必要です。
しかし、現代の日本人の食生活は外食が多かったり、忙しくて朝食を食べなかったりと、栄養バランスの取れた食事をとっていない人が目立ちます。

また、炭水化物や脂肪分の多い欧米化した食習慣が進むにつれ、ビタミンやミネラル、食物繊維が不足しがちになり、肥満や生活習慣病にかかる人が増加してしています。

手軽にとれる健康に良い食べ物の代表と言えば青汁で、様々なメーカーから数多くの商品が発売されています。
ではなぜ、青汁が身体に良いのでしょうか。

青汁に含まれている成分の中で、重要な役割を果たしている栄養素はビタミン類とミネラルです。

そして、美容や便通にも非常に高い効果をもたらす食物繊維が豊富に含まれており、この3つの栄養素が、偏った食生活をしている日本人の身体の調子を整えてくれるのです。

青汁には、主にビタミンA・B群・C・E・K・葉酸などが豊かに入っています。
ミネラルは身体の基本となる栄養素で、あらゆる機能の維持や発達、新陳代謝に関係して働く大事な栄養素です。

そして、食物繊維は腸内の老廃物や脂肪を包み込み体外に排出する役割を担っています。
この様に、青汁は健康的な生活を送る上で欠かせない栄養素を含有しているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:青汁

このページの先頭へ