体臭恐怖症の人は、専門医の相談し、自分でも体臭予防に気をつけるようにする

最近、自分の臭いを過剰に気にする人が増えています。
人に不快な思いをさせていないか、という不安感や恐怖感を抱いてしまうことを体臭恐怖症といいますが、人間は動物と同じという観点から見ると、臭いはあって当然なものです。

異性を惹きつけるフェロモンなどはその人の個性といえますし、体の変調や病気の時のサインでもあります。
あって当然の臭いですが、どうして気にしてしまうのかというと、日本人は体臭に弱く臭いに敏感な民族であることが関係しているからです。

思い悩むならばすぐに原因を突き止めて、必要であれば治療をしなければいけませんが、心身ともに健康であれば臭いの問題はすぐに解決できます。

体臭恐怖症の人の多くは自分の臭いが原因で他人に不快な思いをさせ、そのせいで自分が嫌われたり避けられたりするのではないかと不安を感じてしまい、人間関係で悩んでしまったりします。

原因を解明して適切な治療を行っていくのは当然ですが、この精神的な負担をなくさなくてはいけません。
悩みを打ち明けるのは専門医の相談すると良いでしょう。

それだけでも精神的な負担はかなり軽減されます。
悩みが軽減されたら、自分でも体臭予防に気をつけるようにします。

体を清潔にすることはもちろんのことですが、適度な運動をしたり、シャワーだけでなくお風呂に入るなどして、しっかり汗をかいて、汗腺の働きを正常に戻すことが大切です。
お風呂に殺菌力のあるお酢などを入れるのも効果的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体臭

このページの先頭へ