体臭や口臭の原因のひとつに酵素不足が関係ありました。

自分の臭いを気にする人は多いです。
自分では気づきにくく、周囲の人も言いにくいために、本当は臭っているのではないかと悩んでしまう人も少なくありません。
実際に指摘されるとデリケートな問題なのでショックを受ける場合もあります。

口臭も体臭も無くなれば、堂々と人と接する事ができます。
じつはこの臭いの原因の一つに酵素不足があるということがわかってきました。
酸素が腸内が不足すると食物が腸内で消化不良を起こします。

それが悪玉菌も栄養となって、どんどん悪玉菌が増え、異常発酵が起こってしまい、ここで発生したガスを吸収した血液が全身を巡れば、汗として流れ出し体から臭いが出て、ガスを吸収した血液が肺に廻れば口から臭いも出てくるわけなのです。

いわゆるオナラとして出るはずのものですから臭いのは当たり前といえます。
気になるようなら、まず腸内環境を良くするような食べ物を摂りましょう。

例えばヨーグルトや納豆には善玉菌と酵素の両方を多く含んでいる食物の代表とも言えるので、習慣的に食事の中で取り入れてみるようにすると良いです。
もちろん酵素不足だけが原因ではありません。

口の場合は、口の渇き・空腹時・口内トラブル・食事などがあり、体の場合は、遺伝的な要素・便秘・加齢臭・ワキガなどに原因がある場合も多いのです。

何が原因なのかを突き止め、改善していけば臭いは減らせます。
まずは腸内を綺麗にしてみることを試してみると良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体臭

このページの先頭へ