皮脂などが汗と混ざり合うことで発生する体臭とその改善方法

夏場など暑い日が続いた際に体臭が気になってしまうという人は少なからずいるのではないでしょうか。
そもそも、人間の体から出る汗腺には2種類あり、1つはエクリン線と呼ばれ主に体温調節をするために働いている器官で、もう一つはアポクリン腺で、この器官から分泌される汗が臭いの原因になっていると言われています。

このアポクリン腺から出るものが臭うのではなく、ここから分泌される汗に含まれる脂肪酸といった物質が肌の細菌に分解されたときや、皮脂腺から出た皮脂などと混ざり合うことによって体臭として臭いを発するのです。

そのまま放置すると雑菌が増殖してしまいますが、では予防するにはどういった方法があるのか、いくつか対応策を紹介します。
まず1つ目に挙げられるのが入浴で、菌の餌となっている皮脂や垢を綺麗に落とし清潔な肌を保つと良いでしょう。

石けんはしっかりと泡立て、脇の下や肘、膝の裏などをよく洗い、肌の弱い人でしたら弱酸性の刺激が少ないものを選ぶのがお勧めです。

次に出来る予防策は、体臭の原因となる生活習慣を改めることで、食生活では肉類やチョコレートのように動物性たんぱく質や脂肪が多いとされる食品は臭いの元となるためなるべく控え、腸内環境を調整する海藻類や大豆製品、きのこ類を食べるようにします。

また、汗をかかないでいると質が悪くなりますから、運動不足気味の人はジョギングやウォーキングなどの運動で良い汗を流すよう心掛けてみましょう。

こういった予防策で、体の臭いが気にならないストレスフリーな生活を送れるようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体臭

このページの先頭へ