日常の中でできる口臭や体臭の予防方法

口臭や体臭で悩む人は少なくありません。
また、口臭や体臭を自分では気づいてなかったり、周りの人も臭いについて指摘しにくかったりして、デリケートかつ難しい問題でもあります。
誰もが、生きている以上は体から少なからず何かしらの臭いが発生しており、全く無臭の人は存在しません。

とは言え、やはり他の人に不快を与えてしまいかねないほどの臭いであれば、誰もがなんとかしたいと思うはずです。
では、そのような臭いに対して予防する策はないのでしょうか。

まず口臭ですが、正しい歯磨きで口の中に食べかすや歯垢を溜めないのが第一ですが、次に重要なのは、唾液の分泌量不足にならないように口呼吸や睡眠不足を避け、食事の際はよく噛んで食べることです。

そして、そのような様々な対策をしても臭いが改善されず原因がわからない場合は、歯科医の診察を受けるのも一つの手段となります。

一方、体臭の予防には、まず食生活を見直すことが重要です。
体から排出されている臭いの元となる物質は、その人が食べたものからできています。

例えば、皮脂が酸化すると臭いの元となりますが、皮脂が酸化しやすくなる動物性たんぱく質や脂肪を多く含むものは控え、緑黄色野菜やビタミンC・E、ポリフェノールを多く含む食品などを積極的に摂取するようにしましょう。

勿論、肌を清潔に保つように心がけ、吸水性や通気性のある衣服で汗をよく吸収して、雑菌の繁殖を抑えるよう工夫するのも効果的です。
そして、睡眠不足や過剰なストレスなどは皮脂の過剰分泌に繋がりますので、生活習慣にも気を配るようにしましょう。

このように、日常の中の様々な行動で予防は可能なので是非試してみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体臭

このページの先頭へ