自分の体臭の原因を考えましょう

煙草や汗など、男性が発するクサイと言われる臭いは色々ありますが、自分の体臭を気にしている人はどのくらいいるでしょうか。
ある化粧品メーカーの研究結果によると、男性の体臭は女性に不快感を与えると言う事が分かりました。
体臭成分には脂肪酸など様々ありますが、揮発性ステロイドのアンドロステノンと言う物質が女性に不快感を与える物質である事が分かったのです。

この物質は女性よりも男性に多く含まれ、さらに男性と女性ではこの臭いの影響の受け方が違ってきます。
男性はアンドロステノンを嗅ぐと鎮静状態を示す脳波を出すのに対し、女性は覚醒状態を示す脳波を出します。

つまり、男性はリラックスした気分になりますが、女性は気分が悪くなるという事なのです。
ではなぜ、人は身体から臭いを放つのでしょうか。

体臭の元となる理由は4つあり、1つ目は、汗をかくと老廃物が皮膚や汗腺に蓄積し、雑菌が繁殖して臭いを生み出します。
男性は女性より発汗機能が盛んで多く汗をかくので尚更です。

2つ目はストレスが要因になる場合で、ストレスは皮脂を多く分泌して雑菌を繁殖させたり、生理機能や新陳代謝を停滞させる為、体臭を生み出します。

3つ目は腸内環境の乱れで、悪玉菌が増えると腸内のアミノ酸等を臭気の強いアンモニアに変換し、血液に吸収され体表から放出されます。

4つ目は、本来ニオイ物質は便や尿から排出されるべきですが、体調不良などが原因で汗腺機能が低下し、汗と一緒にニオイ物質が放出されてしまうのです。

ですから、自分の体臭の原因を知って予防策を立てれば、臭いを気にせず過ごせるようになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体臭

このページの先頭へ