子供の体臭を気にする親が増えております

近頃、子供の体臭を気にする親が増えているそうです。
小学生くらいの子供を持つ親がわが子の体臭を気にする原因の一つとして、最近の子供達の肉体的な成長によりワキガ臭の発症も低年齢化している事が挙げられます。
以前はワキガ臭というのはホルモンの分泌が活発になるという思春期の頃から症状として出てくると言われていましたが、現在では小学校低学年の児童でも臭う事があります。

実際に手術を行う医師によると、現在の若い人のアポクリン腺は、20年前と比べて3割ほど確実に肥大しているそうです。
これは、食生活が欧米化した時代背景による影響だと考えられています。

もう一つの理由に、子供が体臭をきっかけにしたいじめに遭う事を心配する事が挙げられ、体臭を契機としたいじめが教育現場で深刻になっているのは事実で、「クサイ」と言われる事は言われた側に自己否定感を与えます。

思春期の多感な時期に「クサイ」だの「汚い」だの「ワキガ」と言った言葉によるいじめを受けると、友達の輪に入る事を避け不登校にもなりかねません。

しかし、この年代の子供は母親の一挙手一投足にとても敏感で、母親の一言がその後の人生を大きく影響してしまうくらい心に残ります。

ですから、子供が意識していないのに母親が体臭を気にしすぎて必要以上に心配すると、無意識でも子供の心にトラウマを残してしまうので、あくまでも見守る姿勢でいる事が大切です。

衣類を消臭するスプレーで子供の体臭は充分消せるので、どうしても気になる場合はその様な物を利用するのも有効だと言えます。
子供の体臭ケアをする際には、わが子に無用な心配を植え付けない事が最も重要なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体臭

このページの先頭へ