体臭の原因を調べて病気を発見しましょう

誰でも自分の体の臭いは気になるものですが、自分では気づきにくいものでもあります。
そもそも体臭は、皮膚にある雑菌によって汗や皮脂、垢に含まれる成分が分解されて発生した揮発性の成分が臭うものです。
皮膚には様々な雑菌(皮膚常在菌)が付着しており、その皮膚に汗や垢が分泌されると、最初は無臭でも時間が経つと、これらに含まれる脂質やたんぱく質、アミノ酸などの成分が分解されて酸化臭や分解臭が発生します。

一般的に、女性よりも男性の方が臭いが強いと言われており、これは女性よりも男性の方が皮脂の量が多いためです。
また、人種によっても違いがあることがわかっています。

体臭がある場合、生活する上で少し気を付けなければならない事があります。
それが隠れた病気のサインの可能性もあるからで、脂漏性皮膚炎では脂っぽい皮脂臭がし、糖尿病は甘酸っぱいアセトン臭がします。

腎機能が低下するとアンモニア臭がしますし、甲状腺機能亢進症やパーキンソン病の場合は皮脂腺が活発になることで汗をかきやすくなり独特の体臭が出ます。

また驚くことに、便秘になると身体から便の腐敗臭がしてくることもあります。
今まであまり感じたことがないほどの強い臭いを感じた時には、医師に相談することをおすすめします。

気になる体臭を予防するには、やはり身体を清潔にすることに尽きます。

汗対策をしっかりし、外から帰ったらシャワーなどで肌を清潔にするように心掛けましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体臭

このページの先頭へ