体臭チェッカーが無くても出来る臭いの確認法

体臭には、口臭や加齢臭など様々な臭いがありますが、特に口臭はエチケットとして、普段から気を付けている人も多い事でしょう。
その為、簡単に臭いを確認出来る口臭チェッカーは人気があり、ドラッグストアや家電量販店など様々な店舗で取り扱っています。
このように口臭をチェックする測定器はありますが、体臭チェッカーという物はないので、自分で確認するしかありません。

だからと言って、周りの人に自分の体臭を聞くのは勇気がいりますし、自分の臭いは分かりづらいので、気にしすぎる人もいるでしょう。
まず、簡単に体臭を確認する方法として、一晩着たパジャマの臭いを嗅ぐ方法があります。

睡眠中の汗は約300mlと言われ、自分の臭いが染み込んでいるのですぐに分かります。
また、耳にも臭いがありますので、枕の臭いを嗅いで確認することができます。

その他に、病気が原因で臭いがする場合があります。
糖尿病の人は甘酸っぱい臭いを発生させるケトン体が原因で体臭が甘くなりますが、ケトン体は飢餓臭とも言われ、過度なダイエットでも増加します。

まずは、規則正しい食生活や運動を心がけ、日々の生活を振り返ることが臭いを予防する解決策に繋がります。

他にも、脂っぽい臭いになる皮膚疾患や、肝機能障害による臭いなど様々な原因があるので、急に臭いが変わったり、周りの人に指摘されたら、早めに病院を受診することが大切です。

あとは洋服をこまめに洗濯したり、体を清潔にするなど、自分でも気を付けましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:体臭

このページの先頭へ