気になる額にヒアルロン酸を注入したい方へ

人間は年齢と共に体力や見た目の変化が起こります。
自己流での対策や食事への配慮、運動と美や健康への意識が高い現代人は、医学の進歩や芸能人のテレビでの発言などの影響もあり美容外科への抵抗感は昔ほどなく、様々な悩みを抱えた人が多く相談に訪れます。
美容外科への通院を秘密にしたがるのは昔の話で、友人知人への相談やアドバイスや、同じ悩みの人同士がネット上で繋がりあっての情報交換も珍しくありません。

「気になる額にヒアルロン酸を注入したい方へ」の続きを読む

カテゴリー:ヒアルロン酸

美容外科のヒアルロン酸注入で赤ちゃん肌を目指そう

人は年齢と共に肌も衰えます。
特に目や口の周りのしわやたるみなどは、女性なら一度は気にした事があるのではないでしょうか。
これは、肌に含まれるヒアルロン酸の量が年齢と共に減少し保水力が低下してしまうために起こるもので、どうにかしたいと悩みながら市販の美容液やクリームを試している人は多くいますが、一度、美容外科に足を運んでみる事をお勧めします。

「美容外科のヒアルロン酸注入で赤ちゃん肌を目指そう」の続きを読む

カテゴリー:ヒアルロン酸

ヒアルロン酸で関節の痛みを和らげる

ヒアルロン酸とは体の関節部などにある成分で、粘液状で弾力性があり、高いクッション性を持つので関節部の保護に役立ち、保水力も豊富で肌に潤いを与える効果がある事が知られています。
ただ、加齢によって減少し、不足すると軟骨の動きが鈍くなり、膝の痛みや関節痛などの症状が出やすくなる原因となってしまいますので、食事などで補う事が大切です。

「ヒアルロン酸で関節の痛みを和らげる」の続きを読む

カテゴリー:ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とコラーゲンの比較

美容業界で注目されている成分にコラーゲンやヒアルロン酸、最近ではプラセンタという成分を耳にします。
これらは全て美容成分として高い評価が付けられているもので、基礎化粧品はもちろん、コスメアイテムにも多く使われている成分です。
これらは元々体の中となる肌の組織に存在する成分ですから、乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使用できる美容成分として人気があります。

「ヒアルロン酸とコラーゲンの比較」の続きを読む

カテゴリー:ヒアルロン酸

ヒアルロン酸不足によって起こる関節の痛みの治療法

ヒアルロン酸は私達の身体の細胞と細胞の間に存在し、細胞同士を結びつけて水分を保持する働きにより細胞に適度な潤いを与えています。
水分を保持する力は大変優れていて、1グラムで約6リットルもの水を貯える事が出来ると言われるほどです。
この高い保水性が大きな特徴で皮膚に多く存在し、ハリのあるみずみずしい美肌を維持する効果や、大量の水分が通り道の役割をして栄養を全身の細胞に届ける働きをしています。

「ヒアルロン酸不足によって起こる関節の痛みの治療法」の続きを読む

カテゴリー:ヒアルロン酸

美肌効果が実感できる低分子ヒアルロン酸の活用術

最近テレビや雑誌などで肌に良いと話題のヒアルロン酸は、小さい粒子で人工的に生成された低分子と、天然成分の高分子に分類される事はあまり知られていません。
粒子が小さく肌に吸収されやすい低分子ヒアルロン酸は、サプリメントや化粧品の成分として高い効果を発揮します。
しかし、体内での分解スピードが高分子ヒアルロン酸の2倍以上も早いことが分かっているので、定期的に継続して補う必要があります。

「美肌効果が実感できる低分子ヒアルロン酸の活用術」の続きを読む

カテゴリー:ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の化粧水を正しく使う方法

ドラッグストアやコンビニエンスストアでもコスメアイテムは多数取り扱っています。
基礎化粧品も沢山種類があり、どれを使えば良いか迷う人もいるのではないでしょうか。
中でもよく耳にする機会が多いのが、ヒアルロン酸配合の化粧水です。

「ヒアルロン酸の化粧水を正しく使う方法」の続きを読む

カテゴリー:ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とコンドロイチンの体内での重要な役割

健康と美容に必要な成分として知られるヒアルロン酸とコンドロイチンは、ムコ多糖という細胞と細胞の間にあるスポンジのような物質で、水分を蓄える働きがあります。
ヒアルロン酸は体内のすべての結合組織に存在し、タンパク質と結合して細胞の隙間を埋める働きや肌の保湿と柔軟性を保つ役割などを持っています。

「ヒアルロン酸とコンドロイチンの体内での重要な役割」の続きを読む

カテゴリー:ヒアルロン酸

ヒアルロン酸入りの目薬を使用する際の留意点

最近、目の違和感を覚え眼科でドライアイと診断を受ける人が増えています。
ドライアイと聞くと目の乾燥と思われがちですが、症状として感じるのは目の疲れや目がゴロゴロする、まぶしいと言った不快感です。
原因は、涙の分泌量や質の低下によって目の表面を潤す力が落ちた為に起こり、その要因は年齢、パソコンやスマートフォンの画面を長時間見つめる作業、コンタクトレンズの使用、乾燥した環境などが考えられます。

「ヒアルロン酸入りの目薬を使用する際の留意点」の続きを読む

カテゴリー:ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は身近な健康にかかわるものに含まれています

ヒアルロン酸はよく耳にする言葉ですが、もともとは体内のいたるところに存在しているもので、眼球の水晶体の後ろにある硝子体の部分や皮膚、へその緒、関節の中にある関節液や関節軟骨に多く含まれています。
最近は化粧品などに含まれていることがありますが、保水力に優れている成分なので、皮膚の潤いを保つ化粧水やスキンクリーム、入浴剤などに使用されています。

「ヒアルロン酸は身近な健康にかかわるものに含まれています」の続きを読む

カテゴリー:ヒアルロン酸

このページの先頭へ