生命保険の契約形態で変動する税金

生命保険とは、病気や事故などによって収入が得られなくなった場合の生活保障制度です。
これは沢山の人が平等に保険料を出し、経済的に助け合う相互補助の仕組みで成り立っており、日本人の約90%がこの保険に加入しています。
元々は死亡保障としての意味合いが強くありましたが、需要に応じて医療や老後の保障にも領域が広がりました。

「生命保険の契約形態で変動する税金」の続きを読む

カテゴリー:生命保険

終身保険という生命保険に入る価値について

多くの人は病気や入院、或は事故や災害などに備え、これからの生活の保障のために生命保険に入っているのではないでしょうか。
大多数の人は将来の備えとして、貯蓄のような感覚で加入しているかもしれませんが、生命保険は一般的な預貯金とは違って、万が一の時に仮に積み立てた総額以上であっても、その時に必要な保障額を受け取ることが可能です。

「終身保険という生命保険に入る価値について」の続きを読む

カテゴリー:生命保険

団体生命保険で将来への備えを充実させられます

団体生命保険はあまり知られていない言葉ですが、個人で加入する生命保険とは違い、文字通り団体で加入する生命保険の事です。
団体とは勤務先の会社などを表し、毎月の月給から保険料が差し引かれ、会社がまとめて保険料を納めます。
従業員が集団で加入する為、保険料が割安になりお得です。

「団体生命保険で将来への備えを充実させられます」の続きを読む

カテゴリー:生命保険

死亡した時に備える生命保険の考え方

生命保険には沢山の種類が存在し、どの保険に入れば良いのか分からないという話をよく耳にします。
何に備える為に加入するか、目的によって適している種類やタイプは違ってくるので、保険に入る際はまず目的をはっきりさせる事が大切です。
目的とは、何のリスクにいつまで備えるかという事で、生命保険は様々なリスクに備えられますが、特に優先的に備えておきたいのは死亡と入院の保障になります。

「死亡した時に備える生命保険の考え方」の続きを読む

カテゴリー:生命保険

生命保険協会の存在について

日本の生命保険事業の始まりは、福沢諭吉の著書である「西洋旅案内」でヨーロッパの近代的保険制度を紹介した事がきっかけでした。
明治20年代後半には各地で生命保険会社が次々と設立され、競争が激化するに伴い強引な募集が増えました。
保険会社に対し非難が沸き起こり、業界が協力して生命保険事業の正しい発展と秩序を保つ為、生命保険協会からの形を変え、生命保険会社談話会を設立しました。

「生命保険協会の存在について」の続きを読む

カテゴリー:生命保険

生命保険の加入者の口コミを参考にしよう

色々な種類があるように見える生命保険は、大きく分けると定期・終身・養老保険の3つの種類に分類出来ますが、加入の際には口コミを見たり聞いたりしてから入ることをお勧めします。
生保とも呼ばれるこの保険は、人々の命や病気などによって掛かってくる経済的な打撃をカバーする為の社会保障制度の一つです。
多くの人が公平に保険料を出し合うことで、万一の際に経済的に助け合える仕組みとなっており、平成25年度の時点では日本人の8割以上の方が加入しています。

「生命保険の加入者の口コミを参考にしよう」の続きを読む

カテゴリー:生命保険

評判の良い生命保険について

生命保険は、死亡や病気、怪我といった予期しない出来事が発生した場合の経済的なリスクに備える為のものです。
保険に入る目的は、主に一家の大黒柱である夫や幼い子供がいる妻が亡くなった場合に必要なお金を用意する死亡保障や、病気や怪我で入院した際に備える医療保障、老後の公的年金で足りない生活費をカバーする為の老後保障があります。
必要な保障額は目的ごとに異なり、保障期間も目的ごとに変わるので、自分のライフステージに合った保険選びが大切です。

「評判の良い生命保険について」の続きを読む

カテゴリー:生命保険

生命保険を営業職員から加入するメリット

万が一の場合に備えて加入する生命保険の入り方は、保険営業職員から、保険代理店から、インターネットからといった方法があります。
昔は、職員からの勧誘で加入する方法が主流でしたが、現在では代理店やインターネットから加入する方法が多くなっています。
まず、保険会社の職員から加入するメリットは、電話一本で自宅や職場まで直接来てくれる事です。
他に、保険プランの提案から加入の手続き、保険加入後の実際の保険金請求やアフターフォローまでしてもらえます。

「生命保険を営業職員から加入するメリット」の続きを読む

カテゴリー:生命保険

生命保険の見直しの際の解約ポイント

生命保険や医療保険の見直しは、結婚や出産といったライフイベントの時に検討すれば良いと思っている人は少なくありません。
保険の見直しは、加入中の保険の保障額が本当に必要かどうかを見定めるところからはじまります。
万が一の場合に手にする保険金が足りなくては困りますが、必要以上の額が保障される保険に加入をしている事は、貴重な毎月のお金を無駄に費やしているという事になります。

「生命保険の見直しの際の解約ポイント」の続きを読む

カテゴリー:生命保険

来店型の生命保険代理店の問題

2014年1月、金融庁が全国の保険代理店に対する規制を強化する事を発表しました。
この代理店の規制強化を実施する背景には、複数の保険会社の商品を扱う「乗り合い」の来店型保険代理店の成長があります。
中でも、全国に約470店を展開している大手「ほけんの窓口」は、過去5年で約5倍というスピードで急成長しています。

「来店型の生命保険代理店の問題」の続きを読む

カテゴリー:生命保険

このページの先頭へ