各医療機関の健康診断書発行について

就職や転職の際に必要な健康診断書は、医療施設で検査などを受けて発行してもらうものです。
健康状態を把握して業務上の配慮をするため、労働安全衛生法によって年1・2回の健康診断を企業に義務付けています。
従業員が一斉に健康診断を行う事もありますし、雇用時の健康診断の費用は企業が負担する義務があります。

「各医療機関の健康診断書発行について」の続きを読む

カテゴリー:健康診断

学校で行われる健康診断について

小、中、高等学校などの各教育機関では、学校保健安全法にも定められている健康診断が必ず行われています。
学習指導要領において、特別活動の中で健康安全、体育的行事に位置づけられており、教育活動の一つとして実施されています。
ここでの健康診断では、家庭における健康観察もふまえて学校生活を送るにあたり、支障がないかを確かめるという目的もあり、疾病をスクリーニングして健康状態を把握することと、健康課題を明らかにし健康教育に役立てることの二つの役割も含まれています。

「学校で行われる健康診断について」の続きを読む

カテゴリー:健康診断

健康診断で受ける放射線の量について

2011年3月11日の東日本大震災による原発事故があったことから、被曝や放射線量に注目が集まっています。
放射線は健康診断などでのレントゲン検査や大腸バリウム検査などのエックス線撮影でも受けていますが、このときの被爆量はどれほどのものなのでしょうか。
受けた放射線量を表す単位はSv(シーベルト)で、人体に及ぼす影響とその程度の大きさを表しています。

「健康診断で受ける放射線の量について」の続きを読む

カテゴリー:健康診断

健康診断の検査内容について

私たちが健康を維持する為には、食生活に気を付ける、適度な運動を心がけるなどがありますが、定期的に健康診断を受けて自分の健康状態を知ることも大切です。
健康診断は診察および検査で病気の予防や早期発見に役立てるもので、医療機関や各市町村で実施する集団健診会場で受診できます。
検査内容は、身体計測をはじめ診察、視力、聴力、血圧測定、尿や血液を採取しての検査、胸部レントゲン検査、胃透視検査などがあります。

「健康診断の検査内容について」の続きを読む

カテゴリー:健康診断

肝臓の健康の為に健康診断で血液検査を行いましょう

肝臓が健康に動いているかどうかは、肝機能を調べる血液検査で分かります。
肝機能を調べる血液検査項目は数多く存在しますが、健康診断を含めて最も広く行われている基本の検査はALT(GPT)、AST(GOT)、Y-GTPです。
ASTとALTは肝臓に含まれている成分で、細胞が壊れた際に血液中に出て来る酵素で、この数値が高いという事は肝細胞が破壊されている事を示します。

「肝臓の健康の為に健康診断で血液検査を行いましょう」の続きを読む

カテゴリー:健康診断

国民健康保険の加入者は健康診断を受けましょう

国民健康保険は社会保障制度の一つで、この加入者が怪我をしてしまった、病気になったなどの場合に、必要な医療費が支払われる制度です。
75歳以上の方や生活保護を受けている方など、いくつかの要件に当てはまる場合を除いて、年齢や国籍を問わず、国内に住所がある方は、必ず何らかの健康保険に入らなくてはいけません。
そして、市区町村が運営をしており、加入や脱退といった手続きは住所が登録されている場所で行われ、また、それぞれ住んでいる地域によって保険料も多少異なります。

「国民健康保険の加入者は健康診断を受けましょう」の続きを読む

カテゴリー:健康診断

健康診断の血液検査から分かる事

健康診断は企業や自治体で行われていて、尿や血液、レントゲンや心電図等の検査をするものです。
中でも血液は、全身を巡って体の隅々に酸素や栄養を届けていて、それと同時に、二酸化炭素や老廃物を回収する役目を担っています。
その為、全身の健康状態が反映されるので、血液の病気は勿論、全身の状態を把握する為にも欠かせない検査です。

「健康診断の血液検査から分かる事」の続きを読む

カテゴリー:健康診断

労働安全衛生法で決められている健康診断は、法定健康診断と言われています。

労働安全衛生法で決められている健康診断が、法定健康診断と言われるものです。
労働安全衛生規則第43~47条により、事業主が実施する事が法律で義務付けられています。
主なものに、雇入時の健康診断(11項目)、定期健康診断(11項目)、特定業務従事者の健康診断(14項目)、海外派遣労働者の健康診断(16項目)、給食従業員に対して検便を行い、歯科医師による歯の健康診断等があります。

「労働安全衛生法で決められている健康診断は、法定健康診断と言われています。」の続きを読む

カテゴリー:健康診断

協会けんぽによる特定健康診断の内容について

健康診断は、生活習慣病を未然に防いだり、早期発見の為に欠かせません。
自分の身体の状態について正確に客観的なデータで知り、健康を維持し続ける為にも、健診を上手に役立てましょう。
健診には35歳~74歳までを対象とした、診察に加えて尿と血液を採取しての検査や胸部や胃のレントゲン検査など、約30項目の検査を行う一般健診と、40歳~74歳が対象となる特定健康診断があります。

「協会けんぽによる特定健康診断の内容について」の続きを読む

カテゴリー:健康診断

健康診断の料金について

生活習慣病の予防と重大な病巣の早期発見の為に、がん検診や特定健診などの健康診断が重要な事は周知の事実ですが、健康診断は健康保険適用外の為、通常の診察よりも料金が高いイメージがあります。
しかし、会社員や労働者は労働安全衛生法の66条に基づき、年1回から2回の健康診断が義務付けられており、費用の負担は事業主です。
病院やクリニックで行う施設健診と検診車を利用する巡回健診では、原則として同一の料金として展開している施設が多いですが、追加費用が発生するケースもあります。

「健康診断の料金について」の続きを読む

カテゴリー:健康診断

このページの先頭へ