食品を上手に摂ってコレステロールを下げよう

最近社会問題にもなっている生活習慣病ですが、日常の食事とも密接に関係しているのが高コレステロールです。
食事の欧米化が進んでいる昨今の成人に増えてきています。これは、食事と密接に関係しているため食事を少し工夫すればそれだけで大幅に改善することも期待できます。

まず、今以上に高値にしないために避けたい食品は、動物性の油を多く含むものです。
特に、洋食や洋菓子に多く含まれています。

数値を下げるために積極的に摂りたい食品には食物繊維があり、食物繊維には悪玉の成分をからめ取って、便として一緒に排出しやすくする作用があるのです。

代表的な物には野菜類はもちろん、こんにゃく、わかめ等の海藻類も含まれ、また、良質な魚の油を摂取することも数値を下げるために有効になります。

魚の油には善玉コレステロールを増やす作用があるのですが、この善玉には悪玉コレステロールを下げるような作用があります。
そのため、魚を多く摂取すれば悪玉の数値を改善することにつながり、また食品だけでなくさらに調理方法も工夫できれば、なお効果的になります。

それは揚げるような調理方法のものは避け、煮る、蒸す、焼くといった調理方法を選んで下さい。
また、肉には動物性油が含まれるので、肉の種類も鶏ささみ肉や胸肉を選んだり、茹でたり焼いたりして出来るだけ油を落としておくことも効果的になります。

毎日行う食事なので、ほんの少しでも工夫することで改善の傾向がみられることが多いです。
毎日こつこつと努力することが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ