コレステロールは悪者か、健康を維持する食事を考える

何かと悪者扱いされるコレステロールですが、総コレステロール(TC、Tch、T-choなどと略される)があまり低いと、長生きできないという研究報告があります。
それ自体は体にとって必要なもので、細胞膜を形作る要素であるとともに、ビタミンの代謝などにも関わるのです。

ですので、これが不足するという事は、体にとって深刻な事態になるのですが、TCが高いと問題なのは何故でしょうか。
一般的に高比重のもの(HDL)が悪玉、低比重のもの(LDL)が善玉などと呼ばれます。

医師が注意を促すものは高比重(HDL)の悪玉で、通常は低比重(LDL)の善玉を増やすように指導されます。
HDLとLDLの違いは、結合しているたんぱく質の違いで、肝から体の隅々への移動はLDL、末梢から肝へ戻るのはHDLという形になり、運動するとLDLが増加する傾向があります。

HDLは胆汁として排泄される形になりますが、小腸で再吸収されるものも多くあり、これがHDLが溜まりがちになる要因でもあります。
過剰なHDLは、血管壁の小さな損傷を補うために蓄積されることで動脈硬化を引き起こし、高血圧や脳梗塞、心筋梗塞などの要因となります。

コレステロール自体は脂肪と炭水化物で合成されるため、一般的に含有量が多い食品(えび、いか、卵、鶏肉など)を避けた食事をしていても、体の中で作られます。中性脂肪の蓄積は合成を促す要因のため、中性脂肪を減らす必要もあります。

食事はバランスをとって摂ることが大切で、食物繊維は胆汁として排泄されたのを吸着するため、再吸収を抑えます。
そして、必要なのは運動です。中性脂肪を減らして体内での合成を少なくすること、また、LDLを増やすことで代謝が高まり、結果、HDL値やTC値を適正な数値へと近づけます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ