コレステロール値が上がる原因

コレステロールは脂肪の一種で欠かすことのできない脂質のひとつです。
体を構成するために必要な物質で、人間の体内には100gから150gほど含まれており、神経系や筋肉に多く含まれています。
ですので1日に1000㎎から2000㎎は補う必要があるとされていて、食べ物から補給する必要があります。

しかし、コレステロールの多くは体内で合成されて作られているので、食べ物からの摂取では300㎎から500㎎程度の量で十分に足ります。

コレステロールはある程度必要ではありますが、過剰に摂取してしまうとコレステロール値が上昇してしまう原因になり、体に逆に悪影響となってしまいます。

値が上がってしまう原因としては、生活習慣・病気・遺伝が挙げられ、生活習慣では、食べ過ぎや運動不足が要因となります。
コレステロールは、常に体内でほぼ一定になるように保たれていますので、一度大量に食べたからといってすぐに上昇するのではなく、長い間食べ過ぎの状態を続けて、運動不足によりエネルギーが消費されないと値が上昇してしまいます。

病気は、糖尿病や高血圧といった食生活が関係してくる病気や腎臓の慢性的な病気や甲状腺機能能低下なども原因となり、また経口避妊薬の摂取やステロイドホルモン剤の服用もこの値の上昇につながることもあります。

遺伝的なものは、家族性高脂血症といわれるものが関係しており、体内でうまく調整する機能が働かずに血中濃度が高まり、値も上昇していくことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ