自分のHDLコレステロールが高いか低いかをしっかり確認しよう

コレステロールは、人間の体内にある脂肪の一種です。
コレステロールは、体の中の細胞やホルモンを作る大切な成分ですが、値が高すぎても低すぎても体に良くありません。
コレステロールは値が高すぎると、生活習慣病を中心とした色々な病気の原因になりますが、逆に低すぎても血管が弱くなり病気の原因になりやすいと言われています。

さてコレステロールには、HDLコレステロールとLDLコレステロールがあります。
HDLコレステロールの主な役割は、全身を巡る血液中の余ったコレステロールを回収する事です。回収されたコレステロールは、肝臓に運ばれ、余分な物を回収してくれるということで、善玉コレステロールとも呼ばれています。

具体的にどのように人体に影響するかと言うと、コレステロールが高くなると動脈硬化などの病気になりやすいと言われていますが、HDLコレステロールが血管にたまる余分なコレステロールを回収してくれる事で、血管にたまるコレステロールが少なくなり、その結果、動脈硬化が起こりにくくなるわけです。

基準値が低い場合は、動脈硬化をはじめ高血圧や糖尿病、肝硬変、心筋梗塞等の病気にかかりやすいと言われていますが、逆に基準値より高い場合は、特に問題視されていないのが現状です。

これは、今までに基準値より高かったために起きた症状の事例が無いという事と、このような人達には長寿の人が多いという話がある為、危険視されていないからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ