コレステロールを下げるサプリメントの成分

健康志向が進んでいる世の中、健康に良いとされる食品やサプリメントが多数製造されており、薬局などで見かける事が多くなりました。
サプリメントに関してはアメリカ等の欧米では随分昔から親しまれており広く普及していましたが、日本では普及が広まったのは10年前ぐらいからになります。

薬に比べると成分が自然由来のものが多く、副作用等もほとんどないため比較的とりかかりやすい治療法になります。
今では大手化粧品会社も取り扱いと販売をしており、日本でもかなり一般的なものとなってきています。

効用としてはダイエット効果や生活習慣病の改善、美肌や体質改善を目的にしたものなど様々なサプリがありますますが、その中でも特に人気なのは、コレステロールを下げる作用があります。

これは血液をさらさらにして動脈硬化を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などの命に危険を及ぼすような病気の発症率を下げる効果があります。
この種類のものには様々な原料を使用したサプリがあり、代表的なものはDHAとEPAが含まれたサプリメントです。

このDHAとEPAという成分は魚の油に含まれる成分で、善玉コレステロールを増やす作用があります。実際に血液をどろどろにして健康被害をもたらすのは悪玉コレステロールのほうで、善玉はこの悪玉の数値を下げる作用があるとされています。

この魚の油由来のサプリ以外でもカテキンというお茶の成分を使用した物など他にも様々なものがあります。
DHA、EPAに関しても、魚由来のものになるので実際に毎日多量の魚を食べろと言われても実行することは難しく、かえってストレスが生じてしまいます。

サプリメントは副作用がない分その効果も劇的なものではないので、継続と他の生活習慣の改善も必要となってはきますが、うまく取り入れれば健康な体へ変化させていく手助けをしてくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ