コレステロールを下げる食事療法に不可欠な食材を使ったレシピ

最近では食事の内容の欧米化等から、血液中のコレステロールが上昇している成人が多くなっています。
この数値の上昇は健康に様々な悪影響を及ぼすのですが、この現象が引き起こす疾患として代表に挙げられるのが、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞等の生命に関わるものがあります。

この治療には大きく三つに分けられていて、一つ目は運動療法。
二つ目は薬物療法。
三つ目は食事での治療法になります。

この三つのの中でも一番取り掛かりやすいものは食事での治療法になりますが、いくつかのポイントがあります。
それはコレステロールの少ない食材を使用するということは勿論なのですが、加えて数値を低下させるような食材を使用したレシピで調理をするとさらに治療効果はアップします。

数値を減少させる食材には食物繊維の多い食材やDHA、EPAという魚の油に含まれる成分が挙げられ、そのため、その季節にあった旬の魚を使用して良質な魚の油を摂取すると、とても効果的です。

塩焼きでも旬のものであればたくさん油がのっていて美味しく、数値の減少も期待できます。
また魚に加えてさらに食物繊維を多く含む野菜も一緒に料理すれば最強のレシピとなります。
例を挙げると鮭等の魚を使用した南蛮漬けがあります。

人によって好みがありますが、この野菜には人参や玉ねぎ、ピーマン等を使用することがお勧めで、どの食材も食物繊維を含んでいます。
単品では納豆やクルミ等のナッツ類も効果があると言われているので、もう一品という時に利用すると摂取しやすくなります。

せっかく治療を実行するのであれば、効果が期待できるよう食材を工夫してレシピを考えて摂取し、その結果実際コレステロールの値が減少すれば治療も楽しくなっていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ