気を付けているのに、なぜ高コレステロールになるのか

健康診断で気になる項目の一つがコレステロールですが、コレステロールの高い食材を避けても、なかなか値が下がらないと思われている方も少なくないはずです。
コレステロールとは、体の細胞を守る細胞壁を作ったり、血液に乗って栄養を運搬したりする役割があり、体にとって重要な成分です。

ですが、コレステロールが血液の中にある時、そのままの形ではなく、他のタンパク質と結合した形になっています。
これが低比重コレステロール(LDL)と高比重コレステロール(HDL)なのですが、肝臓から体の隅々に運搬する役割なのがLDL、帰ってくる時がHDLとなります。

コレステロール全体の量を総コレステロール値(TCH)として測定しますが、高コレステロールとして問題となるのはLDLの量です。
肝臓へと帰ってきたHDLは胆汁として腸に排出されるのですが、実はかなり小腸から再吸収されています。

また、コレステロール自体、体の中で脂肪から作られています。
つまり、中性脂肪が多い方の場合、食事内容だけ気を付けていても、体の中でどんどんコレステロールが作られているのです。
これを解消するには運動が効果的です。

運動で脂肪を減らすこともそうですが、代謝の活性化によって善玉であるHDLが増える効果があり、コレステロールの代謝も円滑になります。

高コレステロールで注意が必要と言われる方は特に、食材だけでなく、運動もしっかり行い、低比重コレステロールが減るようにすることが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ