コレステロールエステルに守られているコレステロール

コレステロールは脂質の一種ですが、血液中では、コレステロールの70パーセントがコレステロールエステルという形で存在しています。
コレステロール自体は、ステロイドホルモンや胆汁の主原料となり、また、細胞膜の主要な原料として、身体にとってはとても重要です。
コレステロールは主として肝臓で作られています。

また、食べ物からも摂取することができますが、これが過剰になると、コレステロールは健康上に害悪をもたらすことになります。
コレステロールエステルは、リポたんぱくの中に通常存在していますおり、リポたんぱくとは、高比重のものと、低比重のものとがありますが、前者をHDLと呼び、他方、後者をLDLと呼んでいます。

HDLの方は、善玉コレステロールとも呼ばれているように、主として血管内の過剰なコレステロールを除去する働きをすることで知られています。

一方、悪玉コレステロールとして知られているLDLコレステロールの方は、血管をつまらせる原因となるコレステロールです。
エステル型コレステロールは、このHDLコレステロールとLDLコレステロールに含まれて存在しています。

なぜこの型で存在しているのかといえば、血液中では、この型の方がコレステロールの運搬に適しているからです。

血液中では多量の水分にみまわれるコレステロールを保護するために、脂肪酸と結合したこの型によって、水に対して強い抵抗力を示すことが可能となるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ