コレステロール値が気になる時は色々な食品をバランスよく摂ろう

コレステロール値を左右する物にはストレスや生活習慣、食生活など様々な要因があります。
コレステロール自体は人間が健康に生きていくために必要不可欠なもので、値が低すぎても問題が生じますし、反対に高すぎても問題です。中でも食品に含まれるコレステロールの量は値に大きく影響し、コレステロールの多い食品を長期間食べ続けると動脈硬化を悪化させるなどの悪影響を及ぼします。

そこでどのような食品に多く含まれるか見てみると、卵(鶏卵)、肉類ではレバーなどの内臓、魚介類では魚卵や魚では生より干したものの方が多く含まれています。

また飽和脂肪酸を多く含む豚や牛のバラ肉、ベーコン、ラードなどの肉の脂、バター、生クリーム、チーズも値を上げるので注意が必要です。

反対に値を下げる働きのあるものには、体内のコレステロールを包み込んで排泄する作用のある水溶性食物繊維を含むヤマイモ、コンブなどの海藻類、コンニャク、ペクチンを多く含むリンゴなどのフルーツ(皮)や、分解したり善玉コレステロールを増やすレシチンを含むダイズ、アミノ酸の一種で同じく分解作用のあるタウリンを多く含むイカ、ホタテ、マグロなどの魚介類、抗酸化作用が強く悪玉コレステロールの酸化を防ぐ作用のあるポリフェノールを多く含む赤ワイン、お茶、ブルーベリー、中性脂肪を下げたり血液をサラサラにするDHAやEPAを含む青魚、コレステロール値を下げる不飽和脂肪酸を多く含むオリーブオイル、ナッツ類が挙げられます。

しかし、卵はコレステロールが多いものの栄養価が非常に高く、反対にオリーブオイルやナッツ類は値を下げる働きがあってもカロリーが高いため食べすぎに注意が必要です。

値を下げたいがために偏った食生活になるとかえって弊害を伴うこともあるので、コレステロールの多いものを食べないのではなく量を控えバランスよく食べることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ