にんにく卵黄とコレステロールの関係を考えてみる

健康を維持するために、サプリメントや健康食品を利用している方が増えています。
足りない栄養素を補ったり、そして食事が不規則になったり、偏ったりしがちな方も栄養のバランスを摂るのにとても役立ってくれる存在です。
しかし、健康食品も自分の体質に合わせて選ばないと、かえって健康に良くないこともありますので、気をつける必要があります。

にんにく卵黄はとても人気の高いサプリメントで、疲労回復や冷え性改善などさまざまな目的で利用されています。
匂いの強いにんにくも気にせず摂取できますし、そして栄養価の高い卵黄と一緒に摂ることでさらに良い効果も期待できます。

毎日無理なく摂取できますし、外出先でも簡単に飲むことができますので、サプリメントはとても便利な存在となっています。
ですが、コレステロール値が高い方は、卵黄を摂ることには抵抗を感じているのではないでしょうか。

卵は数値をあげる原因になると言われていますが、一日に何個も大量に食べたりしなければ、数値に影響はないとされています。

そして、卵黄に含まれているレシチンには、悪玉コレステロールを減少する働きがあると言われ、過剰に摂取しない限り、数値には影響がないものですし、適度にとることは健康に良いと評価をされています。

コレステロール値が高めな方も用法容量を守り、間違った使い方をしない限り、にんにく卵黄での影響は心配ないです。
薬を飲んでいる方や、数値がかなり高めの方は医師と相談してみるとより安心できると思います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ