コレステロールを下げるならオリーブオイル

健康な血管とサラサラの血液を保つためには正しい食生活を送ることが大切です。
揚げ物や油っぽいもの、スナック菓子、甘いものをよく食べる人や、野菜や海草の摂取量が少ない人、魚料理より肉料理を好んで食べる人は注意が必要です。
しかし、油がすべて駄目というわけではありません。

油にも種類がたくさんあり、大きく分けると動物性のものと植物性のものがあります。
動物性脂肪には、動脈硬化にかかる原因の1つである悪玉コレステロール値を高める性質がありますが、植物油は逆に低下させる働きがあるのです。

植物油には不飽和脂肪酸のリノール酸とオレイン酸が含まれているためで、植物油の中でも不飽和脂肪酸が多く含まれて、一価不飽和脂肪酸の割合が高いという特徴を持っているのがオリーブオイルです。

不飽和脂肪酸には多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸があります。
2つのうち、コレステロール値を下げる働きが強いのは多価不飽和脂肪酸のほうなのですが、多価不飽和脂肪酸は、同時に血液に良い作用をするものも減らしてしまうという欠点があります。

対して一価不飽和脂肪酸は、効果は多価不飽和脂肪酸より緩やかですが、血液に良い作用をするものを減らさずに悪玉コレステロールのみを減らすことができるのです。

また、一価不飽和脂肪酸は、酸化しにくいという優れた特徴を持っています。
一価不飽和脂肪酸が豊富に含まれているオリーブオイルは、健康な血管と血液を保つためにぴったりな食品です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ