善玉コレステロールを増やす生活

コレステロールは善玉と悪玉に分けられ、前者は高比重リボたんぱく(HDL)、後者は低比重リボたんぱく(LDL)です。
LDLは動脈内に滞りやすく、心筋梗塞や脳卒中の原因となります。
一方でHDLは、血液中に滞っているコレステロールを回収したもので、肝臓に運ばれ、動脈硬化を防ぐ働きをします。

そこで、HDLを増やす事が動脈硬化の防止につながります。
HDLは40mg/dl未満で脂質異常症と診断され、治療が必要となります。

また、LDLとHDLの比率(LH比)が高いほど動脈硬化のリスクが高くなり、LH比1.5以上で要注意となります。
善玉コレステロールを増やすには、まずは食生活の見直しが大切です。

食物繊維の豊富な食品を先に食べる、良く噛んで食べる、低カロリーの物を食べる、動物脂よりもオリーブオイル等の植物油を摂るといった具合です。

大豆製品や青魚、発酵食品等が有効ですが、不足分はサプリメントで補う方法もあります。
直接HDLを増やすといった働きをする食品はありませんが、LDLと中性脂肪を減らす事で、LH比を改善する事が出来ます。

次に運動です。
特に酸素を取り込みながら行う有酸素運動が有効で、それ自体にHDL値を高める効果があります。
ウォーキングや自転車等、手軽に出来る有酸素運動でも充分な効果が期待出来ます。

喫煙は厳禁で、喫煙は体内に活性酸素を発生させ、LDLの酸化を促進し、HDLの低下や動脈硬化のリスク増大につながります。
適度な飲酒も効果的ですが、あくまでも飲み過ぎない事が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ