脂質であるコレステロールの善玉と悪玉をバランスよく保つ

コレステロールは脂質の一種で、体の細胞膜を構成する成分として大事な役割を果たしています。
1日に必要とする量は約1000~2000ミリグラムで、通常、そのうちの約300~500ミリグラムは食べ物から取り入れられ、あとは肝臓や小腸によって作られます。

しかし、食事で大量摂取したり、体内の合成機能がうまく働かなかったりするとそのバランスが崩れてしまい、肥満や生活習慣病につながっていきます。
もともとコレステロールには、善玉と悪玉の2種類が存在します。

コレステロール値が高いときは、血液中に悪玉が多くなっている状態です。
悪玉が多くなると、血管の壁に、「プラーク」と呼ばれるおできのようなものができやすくなります。

このプラークがたくさんできると血流が悪くなり、さらに、破れてしまうことで血栓という血の塊になって、血管を塞いでしまいます。
その結果、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞などといった、生命に関わる病気になってしまうわけです。

反対に、善玉は血管についた不必要な悪玉を取り除き、血流を良くしてくれる優れ物です。
では、これを増やすためにはどのような方法があるのでしょうか。

まずは運動です。
特にマラソンやジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的で、これらを続けることで中性脂肪が減り、善玉が増加します。

次に食事です。
炭水化物を減らし、食物繊維を多めに取ることで悪玉を減らせます。

また、魚や肉をしっかり食べることで、善玉を増やせます。
ただし、食べ過ぎは逆に悪玉を増やしてしまうので気をつけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ